読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きだよ 痛いほど

私の好きなことを、好きな時に、好きなだけ。だいたいジャニーズ B.O.C.

A.B.C-Zデビュー5周年!

A.B.C-Z

A.B.C-Zデビュー5周年おめでとうございます!Reboot!!!発売にツアー発表で、すごく楽しい記念日になったよ。

 

5年前、A.B.C-Zがデビューすると知った時は、「あの人たちやっとデビューするんだ。よかったねーでもDVDデビューってどういうこと?」って話を友達とした。A.B.C-Zは知ってたけれど、当時少クラも見れなかったし、バックについてるのをちょこちょこ見かけるくらいだった。名前は知ってても、顔とちゃんと一致してたかも怪しいし、アクロバットダンスが上手いらしいよ、くらいの知識。Mステは見た。Jr.がいっぱいいて、セット中ぐるぐる動き回ってすごいパフォーマンスだな、と思ったの覚えてる。でもその時はこれ以上興味あるグループ増やしちゃダメ!と思って、それ以上は見なかった。

それから1年後、ダンス見たいしなーって、なんとなく買ったサマリーで深みにはまるとは思いもしなかった。

お星様に乗って歌う5人は夢みたいだったし、何より五関くんがかっこよすぎて。一番無いと思ってた人に見事におとされて、五関担って言いたい!と思った日から今日まで、本当に楽しかった。たくさん夢みたいな世界を見せてくれたし、笑わせてくれたし、泣かせてくれたし、気づけば私の生活にA.B.C-Zがいるのが当たり前になったよ。A.B.C-Zのことで喜んだり笑ったり、たまに悔しく思ったり呆れたり。あっという間にすぎていって怖い気もするけど笑

いつも一生懸命なパフォーマンスで楽しませてくれてありがとう。夢みたいな世界を見せてくれてありがとう。笑わせてくれてありがとう。一歩一歩ゆっくりでも進んでいく姿を見せてくれてありがとう。

これからももっといろんなA.B.C-Zが見たいし、もっと活躍してほしい。

5人が怪我なく、そして仲良く、ますます輝く飛躍の年になりますように!

本当におめでとう!大好き!

 

SMAPについて

ジャニーズ

このことについて書くかどうかすごく迷ったけれど、やっぱり思うことはたくさんあるから書くことにする。

私とSMAPについて。

 SMAPの結成と同時期に産まれた私にとって、物心がつく頃からSMAPが当たり前に存在した。小さな頃、うちの家は厳しくてあまりテレビも見せてもらえず、SMAPをちゃんと認識したのは小学生の頃だったと思う。お正月におばあちゃんとSMAPの載っている新聞広告を見ながら誰が好きかを聞かれ、「吾郎ちゃん」と答えたのをすごく覚えている。なぜ吾郎ちゃんを好きになったのか記憶は一切ないが、私が一番最初に好きだと思ったジャニーズは吾郎ちゃんなんだろうなと思う。だから今でも吾郎ちゃんを見ると少し恥ずかしい。

だんだん大きくなるにつれて、テレビも見るようになり、他にもグループがあること、ジャニーズというものがあると知った。ジャニーズよりもSMAPを先に知っていた。

中学生になり塾へ行くようになった。月曜日は塾の日だった。授業のあとも質問したりダラダラしゃべってることが多かったけど、スマスマまでに帰るようにしていた。帰ったらビストロSMAPを見ながらご飯を食べて宿題をする。スマスマが終わるまでに終わらせることが目標。必死で英単語を書いたのを覚えている。見ながらだから全然頭に入らないんだけど。スマスマの歌が終わればお風呂に入って寝る、それが月曜日の習慣だった。なかでもコントが大好きで、コントの総集編?みたいなのが放送されたのを録画して繰り返し見ていた。ベストアルバムも買ってもらった。

中学生の私は嵐のファンになった。嵐が新曲を出すたび、一番楽しみにしていたのが、うたばんだった。リーダーと中居くんの下克上が大好きで何回も何回も見た。慎吾ママも好きだったし、世界に一つだけの花も大ヒットした。SMAPは本当にスターだった。

高校生になり、生活習慣も変わって、スマスマも見たり見なかったりになったし、音楽番組やドラマも気が向けば見るという感じだった。でも意識しなくても自然とSMAPはテレビの中にいつもいた。大学生の頃はバイト先のおばちゃんがSMAPファンだった。特に木村くんが大好きで、よく暇な時間にSMAPやジャニーズの話をした。草彅くんが逮捕されたときはおばちゃんはショックを受けていて、2人で「草彅くん心配だね」って話をしたのを覚えている。

社会人になって、A.B.C-Zのファンになってから私の中のSMAPがちょっと変わった。SMAPが大好きな郁人の影響。同世代の郁人が小さな頃から大好きだったSMAPの話をするたびに、「同じものを見て育ったんだな」と嬉しくなったし、確かにSMAPってめちゃくちゃかっこいいな、と改めて実感した。同じジャニーズなのに、目をキラキラさせながらSMAPの話をする郁人は楽しそうで、いつがA.B.C-Zがスマスマに出ることが夢になった。

その頃から改めてSMAPを見るようになって、大きな災害があったとき被災地の方々を励ます姿、5人で楽しそうに旅する姿、歌番組でのめちゃくちゃかっこいいパフォーマンス、バラエティでわいわいする姿、そんなSMAPが好きだな、すごいな、と思うようになった。音楽番組は必ず録画するようになったし、アルバムも借りてきた。中居くんの歌声が素敵でびっくりした。27時間テレビのライブも見た。体力限界だろうに必死で踊る中居くん、フォローする4人、森くんからの手紙、全部に感動して泣いた。今でも録画をたまに見る。2015年のコンサートに職場の先輩が行っていた。5人旅からファンになったらしい。「次は私も行きたいなぁ」って、当然2年後次があると思って言っていた。

 

1月に報道が出たとき、「あぁ、またいつものね」と思った。不仲なんて昔からずっと言われてたことだし、今までに解散説がでることも何度もあった。でもよくよく記事を見てみると、派閥とかマネージャーのこととか嫌に具体的で嫌な気持ちになって、それからスマスマの謝罪を見て、ただ事じゃないと思った。これはもしかしたら本当におかしなことが起きてるんだって。見たことがないような表情で誰の言葉かわからない謝罪をする5人。怖かった。いつもかっこいい5人が何かの力で潰されそうになっているように感じた。8月のことはあまり覚えていないし、思い出したくもない。

 

12月26日のスマスマ最終回。懐かしい映像がいっぱいで、意外とスマスマよく見てたね、って言いながら懐かしんで見ていた。ゲストを見ていると本当に長い期間やっていた番組なんだと実感した。そして、こんなアイドルはもう出ないだろうな、と思う。もう亡くなってしまった方や、政治家やスポーツ選手、これだけ幅広いゲストに対応するSMAPはすごい。

 

最後の「世界に一つだけの花」こんな表情で歌うSMAPは見たくなかったなぁ、信じられないなぁ、っていう気持ちで見ていたけど、中居くんが手をパッと開いて指を5本折った瞬間、涙がばーっと出てきた。そこからエンドロールが終わってもずっと泣きっぱなしだった。一人一人と写真を撮るのを見ながら号泣。こんなに泣いたことここ数年ない、ってくらいわんわん泣いた。一番強い感情は寂しさだった。とにかく寂しい。なくなるのが寂しい。なんで無くなるのか意味がわからない。次の日職場のおばちゃん達が休憩時間に集まって深刻な顔で話をしていた。仕事じゃなくてSMAPの話だった。

 

私はファンクラブに入っていたわけでも、CD買うわけでもない、ほんとうにただのSMAPのテレビの一視聴者だけど。そんな一視聴者の私でも寂しくて悲しいのに、ずっとSMAPを一番に応援していた人たちの悔しさ悲しさは想像つかないほどだと思う。どうしてこんなことになってしまったのか、憶測ばかりで本人達や事務所から納得のいく説明もないまま終わってしまったSMAP。でも納得いかないからこそ、諦めずにいられるのかもしれない。中居くんが指を折ってから手を振ったのが「またね」って意味だって信じたい。

 

先日、こんな時だけ買うのってどうなの…と思って買うのを迷っていたベストアルバムとクリップ集を買いに行った。地元のCDショップ数軒探してもどこも売り切れで、今まで入ったこともない小さなCDショップでやっとクリップ集を見つけた。昔からある古い店で、店主のおじいさんが追加で発注したけど、なかなか入荷できない、って言っていた。みんな買いに来るんですね、なんて話をして嬉しかった。

私は産まれた時からSMAPがいて、SMAPのいない世界を知らないから、そんな世界が来るのが寂しくて怖かった。でもそんな世界は来ない。

アルバムは年明け入荷するらしい。

来年もSMAPはいるから。

年が明けたら買いに行こう。

orbital period

 最近よくorbital periodを聴いている。

 

このアルバムが発売された時、私は大学生だった。いろいろしんどいことがたくさんあって、そんな時にたくさん聴いたアルバム。たくさん聴いてたくさん助けてもらった。だからちょっと特別で、今でも一番好きなアルバム選べって言われたら、迷いながらもorbital periodを選ぶと思う。

プロモーションの雑誌かラジオでorbital periodの意味を知った。藤くんが調べたところ、28歳になる時人は皆生まれた曜日に必ず戻ってくる。

人間の公転周期は28歳。

当時10代だった私には28歳はとても大人で、28歳のBUMPの4人もすごく大人になったなぁという感じがして、自分もいつかそんな歳になるなんて、どんな28歳になるかなんて、想像もしていなかった。でもこのアルバムの意味を知った時から、私の中で28歳は特別な区切りの歳になった。公転周期を1周した私はどんな28歳を迎えるのだろう、と考えた。

 

そんな私のorbital periodがもうすぐやってくる。

もうすぐぐるりと1周して、戻ってくる私だけど、あまり変わらないような気がして情けなくなったりもして。相変わらず愚痴ばっかりだし、ジャニーズ好きだし、子供もいないし、結婚すらしていない。

10代の頃思っていた28歳とは全然違うのかもしれない。ごめんね、あの頃の私。

でもなんとか思い描いていたような仕事につけて、慣れて、しっかりしてるって言われることもあったりして、少しは役立てているかな、って思えるよ。

友達は多くないけど、今も変わらず一緒にいてくれてるよ。

自担にモヤモヤしてると思うけど、さっさと降りたらいいと思うよ。次に担当する人は少なくとも今のあなたが担当してる人よりは信頼できる、最高にかっこいい人だから幸せだよ。ジャニーズなんて所詮趣味なんだから自由に楽しめばいいよ。あなたが当たり前のように毎週見ているスマスマは終わったよ。信じられないよね。

28歳になってもまだBUMPの唄が側にあるよ。むしろ今の方が近くにある。まだorbital periodを聴いていて、9年前からずっと変わらず側で寄り添ってくれるような、そんなアルバムだなぁ、と感じている。

 

 9年前の自分の理想とは全然違う28歳だと思うけど、それなりに幸せだ。2周目は先のこともしっかり考えて行動するのが目標。大人にならないと、と思う。変わらないものなんてないんだということを、昨日の夜嫌という程思い知った。変化を怖がらないで進んでいける2周目にしたい。

 

  

orbital period

orbital period

 

 

 

自担の舞台

A.B.C-Z

やっと、やっと、待ちに待った自担の個人仕事が発表された。ずっと望んでいた舞台のお仕事。ジャニーズから一人だけ舞台に出演する。主役ではないけれど、自担の舞台!って胸を張って言えるのが本当に嬉しい。

 

初めて知ったのは、メールだった。

五関晃一、舞台、その文字を見た瞬間固まって、どんな舞台かも分からないのに、じわじわ喜びが湧いてきて叫びだしたくなったけど、周りには職場の人しかいないからグッとこらえた。でもニヤニヤしてたと思う。

 

今度はどんな姿が見られるんだろう、ってワクワクするのと同時に、上川隆也観月ありさ、に続いて馴染み深い名前が載ってる事実に何故か私が緊張したりして笑  外へ出ていろんなことを学んで吸収して、さらにかっこいい五関くんを見せて欲しい。ほんとにほんとに頑張って欲しい。

とか言いながら、五関くんのパフォーマンスに裏切られたことないから全く心配なんてしてないけど笑 

むしろ見た後の自分が心配。またいろいろ拗らせそう…

あー楽しみだなぁ。チケット取れるかなぁ。早く見たいな。でも見たくないな。っていうめんどくさいおたく。

五関くんを愛せて幸せ!

自担にまた恋をした

A.B.C-Z

A.B.C-Z、Star Line Travel Concert大阪城ホールに行ってきたので、そこで思ったことを書いておく。長い上にお花畑すぎて自分で読み返して若干ひいたけど、そのまま残しとく笑

 

今回のツアーは1公演しか入れないし、仕事も忙しかったし、いろんな理由で地方でえび担するのちょっとしんどいなーと思いながら迎えた公演だった。私の担当は五関くんだけど、私が前に生で五関くんを見たのは去年のえび座。遠征がしんどく感じてジャニワは行かなかったし今年のえび座もチケットとらなかった。見たいけど、いろいろ考えたら行けなくて、何が何でも遠征する!っていうガッツもなくて茶の間だった1年間。レギュラー以外で五関くんをテレビで見る機会なんてほとんどなくて。現場に行かないと担当だなんて言えない気がして、好きだけど、見られないからしんどい、遠征しない自分が悪いって凹んでしんどい、もっとテレビで見られる人に降りた方が楽なんじゃ…って思ったりもした。それに、私はどうやら飽きっぽいらしく、今までも3年もしたら別のタレントに興味が移るのも珍しいことじゃなかった。五関くんに降りてすでに3年たったし、気になる子はたくさんいるし。

そんなモチベーションで迎えた今回のコンサート。そんなモチベーションのくせにたった1公演しか見られないことにもちょっとイライラして。そろそろダメなのかなーファンクラブ入ったところなのになーとか、ちらっと思ったりもした。

グッズを買ってファイルのメガネにニヤニヤしながら、あ、やっぱ好きやん、ってちょっとテンション上がったけど。

 

席はステージのほぼ真横、スタンドの上の方。ほぼ横から見る感じで、ダンスちゃんと見えない…ってまた凹んだ。

でも始まるとやっぱり楽しくなってきて、少しホッとした。 コンサートが始まって、えびが出てきてTake a 5Train歌ってる。明るくて楽しいことが始まるんだな、って予感させる曲で、いきなり泣きそうになった。えびのこの多幸感はなんなんだろ。5人ともビジュよくて、かっこよくてキラキラしてて、A.B.C-Z久しぶり!って思った。郁人の前髪さらさらで顔もほわほわしてて可愛かった。とっつーは短髪でかっこいい。はしちゃんも1年でまた大きくなった気がした。かっこよかった。塚ちゃんは元気で眩しかった。五関くんは1年前とおんなじ笑顔でそこにいた。31歳の五関くん初めましてだったけど、変わらずかわいい。

始めの2曲で五関くんかわいいー!と思わせたと思ったら、FantasticRideはめちゃくちゃかっこよくオシャレに踊ってて、やっぱり最強!ってなって双眼鏡でひたすら見てた。横からしか見れない…って凹んでたけど、あんなアングルで見ることそうそうないし、私は五関くんの横顔が大好きだったんだ、って思い出して、それはそれで楽しめた。

そこで迎えたTo Night's love

始めのダンスからめちゃくちゃかっこよくよくて、モニター見なきゃ顔は見えないけど、ダンスしっかり見たいから本人見たい、でも横だし!ってちょっとパニック。

それで、歌いだす前かな?モニターに映し出された顔を見たら汗が一筋流れてて、それがめちゃくちゃ綺麗で。ハットの角度も前髪も目の表情も汗も何もかも完璧で、私の理想のかっこよさそのままだった。本当にステージに立つと絵になる人だなって、五関くんは銀河一だなって。1年前には当然のように思ってたことを久しぶりに思い出して、急に体温上がったみたいになって、あとはもう夢中で見てた。ターンをしたら飛び散る汗とか、ハットから覗く前髪とか、かっこいいダンスとか(どんな振りとか全く記憶にないけど)、細いシルエットとか。とにかく全部がかっこいい。衣装も、せっかくのソロで先輩のお下がりとかありえん!作ってよ!って思ってたけど、実際見たらすごく似合ってた。

からの、ウインク。

完全に落ちた。なにあれ。そんなのするって聞いてない。かっこよすぎるんですけど。

担当に落ちた、って変な感じだけど、そう思ったから仕方ない。しばらく放心状態で動けなかった。

私が五関くんに降りたい!って思ったきっかけは、A.B.C-Zのパフォーマンスを見たいなと思って買ったサマリーのAddictedの五関くんを見たとき。「ヤツのこと忘れさせてやる 溺れなよ」って歌う五関くんを見て衝動的に、この人に降りたい!って落ちた。その時と同じような衝動にまた襲われた。「この手を取って 委ねればいい僕へと」って歌う五関くんを見て、また恋をした。

 

五関くんの表現するかっこいい、は私の理想そのまんまのかっこよさで、そんなところが大好きだった、って思い出せた。渚の〜で片膝立てて座ってるのとか最高だったし、せつない表情もたまらんかったし、何種類もあるフライングもかっこいいし、Fly a Flagのダンスもちょっとキツそうな表情もめちゃくちゃかっこよかった。世界一歌うときの優しい顔やMCでのケラケラ笑顔も、全部五関くんの好きなところだなぁ、って再確認。

えびのパフォーマンスはやっぱりすごいし、今回MCもまったりしてて可愛い。いっぱい元気もらえて、これからもえびを見てたい!って思えて嬉しい。

そして、無理しなくてもいいな、って思えたのも自分にはすごく進歩だった。時間とかお金とか無理して行かなくても、行けるとき、無理してでも行きたいと思えたときに行けば、いつでも最高にかっこよくてかわいくて銀河一素敵な五関くんがいてくれる。そう信じられたから、これからは自分のペースで楽しく好きでいられたらいいな。今後もいろいろな人に興味持ってフラフラしちゃうと思うけど、それでも、私の担当は五関くんです。遠征できなくても、テレビに出なくても、私の中で一番だから担当です。これからもよろしくね。

えび座にいきたい!笑

 

バニラボーイ

ジャニーズ

やっと、私の劇推しJr. 松村北斗くん出演のバニラボーイ見てきた。見終わった帰りの電車でテンションブチ上がった状態でこれを書いてる。恥ずかしいこと書いてたらごめん、って自分に謝っておく。

 

 

 

 

あんまり前情報なくて、じぇしほくじゅりの出る丘サーフィン部の話、ジェシー演じる太田くんが特殊な能力を持ってる、ってことくらいしか知らなかったから、組織が出てきたり、拉致られたり、駅伝始めたり、展開にちょっとびっくりした。

 

ひたすら林くんに恋した2時間だった。

 

林くんかっこいい。クールぶっててかっこいい。頭いいとかかっこいい。頭いいことひけらかしたい感じなのかわいい。クールキャラなのに、沖縄行けることにはしゃいじゃう林くんかわいい。はしゃいでたくせに、ノリノリでピースで写真撮影してたくせに、ちょっと不信感抱き出す林くんかわいい。海辺で語り合う林くんかっこいい。カーボローディングについてしゃべる林くんかわいい。はい、ウィキリます!ってなる。林スイッチオン!ラインが見える!な林くんかわいい。さすが林!なんだか林くんがゲシュタルト崩壊してきた。

林くんにこっそり片思いしたい人生だった。

授業中寝てる林くんをこっそり見つめたかった。部活がんばる林くんを見つめたかった。林くんと修学旅行に行きたかった。林うざいねーとか友達と言いながら、でもこっそり好きな人生おくりたかった。それを松永にバレてからかわれたい。

 

北斗の長い手足がいっぱい見られて最高だった。学ランたまらん。夏服たまらん。半袖半パンたまらん。滑舌悪いのに早口で長いセリフを言ってて頑張れ!ってなった。やっぱり北斗の顔がめちゃくちゃ好みだ。

ジェシーは表情豊かでかわいかった。素の笑い声になってて、あぁジェシーだな、ってなった。太田くんのバカさが愛しかった。

じゅりはいっぱい走ってるところかっこよかった。ひょろひょろのじゅりが女の子おんぶしてるのにキュンときた。

 

映画のストーリーとかクオリティには疑問を感じるところもあるけど、楽しかった。大画面でじぇしほくじゅりが見られたし、要潤には笑えたし。

演技する北斗を久々に見たから嬉しかった。「あいつをサポートする立場」みたいなセリフが実際の3人にリンクしてるような気がして少し切なくなった。いつかデビューできたらいいな。パスタの歌のシーンみたいに、いつかこんな風にMV作ってもらえたらいいのに。またお芝居する北斗がたくさん見られるようになればいいのに。

 

そんなことを思った2時間でした。

 

ウェルセクコンを購入した話。

ジャニーズ

前回の記事で書いた気になるあいつ、健人くんをじっくり見たくて、ウェルセクコンのブルーレイを購入した。

私の予てからの劇推しJr.松村北斗くんもかなり映っていると評判だったのも購入の決め手になった。

セクゾを購入したのは今回が初めて。

初めて見たセクゾコンの感想は、とにかくキラキラしている!だった。5人がキラキラしている、衣装もキラキラ!照明もキラキラ!風磨の笑顔もキラキラ!健人くんは汗と笑顔でキラキラ!

5人の未来に希望が溢れてるような、明るくて元気なキラキラをいっぱい浴びて、楽しかった。

 

健人は、やっぱりセンターになって欲しい人だなって思った。スキがなくてオーラがあって華やかで輝いてた。かっこいい。かわいい。でも、センターじゃないところがおもしろい。前にも書いたけど、健人の「オレを見ろよ!」って全身から発してるような力強いパフォーマンスが好き。曲によってしっかり表情変えるところが好き。アイドルだなぁ、輝いてるなぁ、って思う。

風磨が想像以上のかわいい笑顔でお手ふりしてたのにビックリしたし、勝利はとにかくお顔が綺麗だった。聡ちゃんは踊れるイケメンだった。マリウスはスタイルよくて王子様みたいだった。

衣装がかっこよくて羨ましい。えびの衣装はやっぱり動きやすさ重視だな、って思った。えびにも装飾いっぱいついたゴテゴテして動きにくそうだけど、強そうな衣装着て欲しい。羨ましい。

 

北斗も素敵だったー。ジェラ男とButの北斗はどっちもエロくて最高だった。首筋最高。たまらん。でも最初と最後の挨拶のところはめちゃくちゃかわいい笑顔で最高。まだ全部確認できてないから見るの楽しみ。

特典も見るの楽しみ。

やっぱりアイドルはいいなぁ。